チームの沿革

《創部》

・1972(昭和47)年に本格的に活動スタート

・1972年に樫塚先生が監督に就任

・就任2年目で関西学生リーグ優勝に導く

・昭和50~60年の間、関西学生リーグでは負けなしの充実期

・当時は文学部の中に体育専攻クラスが1学年1クラスしかなかったため、

 他学部の学生も多数いた

・一時期は部員70名の時もあった

・練習場所の変更が相次いだ

〈樫塚先生、留学のため監督から離れる〉

・チームは崩れることなく活動していった

〈平成13年樫塚先生、監督再就任〉

・一般入学で実業団出身の方が入部

・オリジナルな武庫川➡どこもやっていないようなことを、普通ではなくその上へ

・役割の意識付けやコンビの徹底

2005年全日本インカレ 優勝

・樫塚先生、監督に再就任後2年で優勝

〈2007年第3体育館竣工〉

・ハンドボール専用のコートができる

〈2013年新監督 松木先生就任〉