役員紹介

部長:渡邊完児


経歴:武庫川女子大学大学院健康・スポーツ科学研究科教授、健康・スポーツ科学部教授、博士(学術)、ハンドボール部部長


一言:娘たち(部員)には4年間または2年間、良く学び、そして仲間とともに一生懸命武庫女のハンドボールに取り組み、立派な人間として社会に貢献して欲しいと願っています。              

監督:松木優也

経歴:武庫川女子大学健康・スポーツ

 科学部健康・スポーツ科学科 講師

日本体育協会公認上級コーチ

 

競技歴:札幌市立東月寒中学校→札幌月寒高校→筑波大学

指導歴:筑波大学(2008-2009)コーチ→福岡大学(2010-2012)コーチ、監督→武庫川女子大学(2013-)コーチ、監督  U22日本代表チーム(2014女子)コーチ、兵庫県成年女子チーム(2014-)監督

一言:ハンドボールを通じて「目標に向かって突き進むたくましい姿勢」「仲間への思いやり、優しさ」「規律を重んじる心」といった事を育み、社会貢献できる女性へと成長して行ってくれるよう、精一杯指導します。多くのOGの方や支えてくださっている皆様に感謝し、これからも武庫川女子大学ハンドボール部は異彩を放ち成長していきます。

 

トレーナー:井口祥平

経歴:四條畷学園短期大学→佛教大学社会福祉学部→神戸大学大学院保健学研究科

医療法人高島整形外科→履正社医療スポーツ専門学校専任教員 

理学療法士、保健学修士

一言:学生と共に一緒に成長していきたいと思います。