秋季リーグ戦 第4戦目VS関西大学

平成28年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦第4戦目VS関西大学の結果報告をさせて頂きます。

武庫川 27(14-2・13-11)13 関西大学

前半は、栗本の相手のDFを交わしたランニングシュートで先制点を獲得します。その後も栗本のランニングシュートで2点目を獲得します。日々の練習で徹底してきた武庫川らしい激しい当たりのDF、キーパーのナイスセーブから速攻で得点を重ねます。また、 生島の速攻で突破を狙った強いプレーでペナルティを獲得し、チームメイトの強いプレーで獲得したペナルティを得点に繋げ、前半を14-2で折り返します。
後半も、序盤から速攻で得点を重ね終盤ではバックアップメンバーも試合に出場する事が出来ました。しかし、スタートメンバーとバックアップメンバーのDF・OFでの細かいところへの徹底の甘さが課題として残った試合となりました。
今回の試合で出た課題を日々の練習修正すると共に今日の試合の雰囲気を練習でも試合でも継続させて残りの5戦に臨みたいと思います。ご声援ありがとうございました。